2016年3月の記事一覧

お金に困ったときに最も利用しやすい対処法としては、消費者金融などのカードローンを使う方法だと思います。日本では様々な地域において、消費者金融のカードローンを利用している人が多数いると考えられていますが、指定されている返済期日までにお金の工面ができなかったときには、返済できなくなる可能性があります。そのような事態に陥ったときには、別の金融機関から融資を受けることで穴埋めすることを考える人が多いと言えますが、その対処法の場合には根本的な借金問題を解決することができませんし、返済金額が雪だるま式に増えてしまうことに繋がります。

自分自身の力で指定されている期日までに、抱えている借金の返済が難しいと感じたときには、法律事務所などに相談をして債務整理の方法について提案してもらう必要があります。債務整理とは法的な手段によって借金を解決する方法のことで、知名度の高い手続きとしては自己破産などがあります。借金相談をする法律事務所の選び方としては、評判を重視することが大切になります。弁護士などの専門家に依頼をすれば、どこの法律事務所であっても同じ結果が得られると思いがちですが、実際には依頼をする弁護士の先生によって結果が異なることが考えられます。

そのために良い結果を求めるためには、法律事務所の選び方を把握しておくことが大切になります。法律事務所によって過去の実績が異なってきますので、経験豊富な弁護士を選択することで安心して依頼ができるメリットがあります。債務整理をする弁護士の評判に関してはホームページを確認することで掲載している事務所が多いですので、大手の消費者金融を相手にして手続きを行ったことがある弁護士がいるところや、大きな訴訟に携わっているなどの経歴を確認して、債務整理に関する実績が多いところを選ぶことがおすすめです。

近年では初回相談などについて、無料で実施している法律事務所が評判が良い傾向にあります。初回の相談が無料になることによって、実際に担当してくれる弁護士がどのような人なのか確認することができる点がメリットとなります。自分自身でどの法律事務所に決めれば良いのかわからないときには、自治体や弁護士会が実施している無料相談会に参加してみて、話を聞いてもらってから決めることも良い方法と言えます。

なんてことない日常

本田健とは、日本の作家であり、小説家で有名な型です。

エッセイなども手掛けており、これらのエッセイでは、お金と幸せ、そしてライフワークなどについて書かれていることが多いです。

代表作には、ユダヤ人大富豪の教えなどがあり、この作家の本を読んだことがある人はとても多いでしょう。

しかし、こちらの本田健は、実はアムウェイの関係者であるといわれています。

アムウェイとは、化粧品のマルチビジネス、要はねずみ講で有名な会社で、こちらのアムウェイと深く関係していることから、実は怪しいねずみ講をしているのではないか、と噂されています。さらに、アムウェイの中でも上層部の人間ではないか、といわれています。

さらに、こちらの方の書かれている本は、自己啓発の内容となっていますが、それらはすべてアムウェイに関することが書かれているのではないか、と噂されています。

気になる方は本田健でアムウェイを検索してみて下さい。

なんてことない日常

この前飲み会に行ったんですが、帰ってくるとある事に気づいてしまったのです。なんと財布がなくなっていたのです。ちゃんとお会計の時には財布からお金を出したのを覚えているんですが、忽然と財布が消えていたのです。飲み会をしていた居酒屋さんに電話しても財布は無いと言われました。呆然としてしまいました。帰り道は自分の家まで一直線だったので本当にどこに落としたのか全く想像がつきません。ホントに消えてしまったとしか言いようがないのです。そんなに酔ってはいなかったものの自分が情けないです…。

お金はあまり入ってはいなかったのでそこは良かったんですが、運転免許所や何枚かのカードが入っていたのでこれから更新だなんだと色々やる事があって本当に面倒です。

何よりもお気に入りの財布だったのでとてもショックです。

一体私の財布はどこに消えてしまったのでしょうか。

なんてことない日常

家族連れなどで賑わうファミレスは苦手だけど、昨日の夜は珍しく一人でフラカッソで夕食をしようという気になった。自分で料理でも作れれば外食をする必要はないけれどスパゲッティカルボナーラが無性に食べたくなる時があるみたいなんだ。食の衝動を抑えきれなかった。

予想通り、ファミレスは大混雑だ。とにかくカルボナーラが食べたいから入店してウエイトレスに席へ案内されると同時に速攻で注文をしたわけ。

10分ほど待って、若い学生くらいのウエイターがカルボナーラを持って来たんだけど、テーブルに置く際に速いスピードで置こうとするものだから勢い余ってパスタが皿の外へ飛び出してこぼれたんだよ。「申し訳ありません!すぐに他の料理を持ってきます!」ってそこまではいいよ。仕方ない事だしこちらも大人だから怒らない。でも、それから何分待ってもやり直しのカルボナーラが来ないんだよね。

さっきの若い子に、「カルボナーラまだかい?」と聞くと「今作ってると思いますので!」と返答。結局やり直し料理は15分くらい待って到着。

少し不愉快な思いをしたけど、やっぱりスパゲッティカルボナーラは旨かったね。

なんてことない日常

今日は高校の友人の結婚式に行ってきました!

新郎新婦とも高校の時の友人で2人とも高校の時から付き合っているのを知っていたからようやく結婚するって聞いて本当に嬉しかったです!!

折角の2人の結婚式だからって朝から気合入れて美容院予約して髪の毛セットしてもらったんだけど、なんだか想像以上に髪の毛が盛られちゃって鶏のトサカみたいになってて朝から笑うしかなかったです(笑)

式場は上品なレストランで2人らしいこじんまりしているけれど、小さな心遣いが沢山溢れた式でした。出てくるお料理もとても美味しくていつのまにやらパンやワインを沢山おかわりしてました(笑)

新郎も新婦もとても幸せそうで本当に良かったです。あの2人の幸せそうな姿をみてると私も早く結婚したいなーとか思ったけど、まだ先になりそうだなあ(苦笑)でももし結婚式を挙げられるならあんな素敵な結婚式があげたいです!

なんてことない日常

私が数年前に経験した債務整理について投稿いたします。

当時、私はキャッシングで5件、闇金からは4件の借入金額がありました。自分自身は独身だったのですが、月の給料は当時25万、その内キャッシングでの返済金額は毎月約8万、闇金への返済は月に約10万程の生活を送っていました。闇金の返済に関しては一刻も早く終わらせたかったのですが、利子が高く、それでも返済をしないと何をされるかわからないといった不安から、キャッシングで返済しては借り、闇金の返済に充てていた当時でした。しかしながらそんな生活も永遠と続くわけもなく、闇金からの利子の返済に返済が不能な状況に追い込まれていきました。

ある日、1社の闇金に返済の遅れを申し出ると、だったらあんたの銀行口座を3万で買い取ってやると言われ、返済能力がないならそうしろと命令口調で脅されました。口座を売ることに関しては罪になることは分かっていましたし、そうしてしまったら今後も家族や友人にも影響が出ると思い、私はその誘いを断りました。その日は返済は免除してもらいましたが、1日に付き延滞金1千円だと言われ、だれにも相談せず、一人部屋で頭を抱えていました。ネットでいろいろと借金に関しての情報を見ているうちに、ある弁護士さんのサイトに行きつきました。

何となくサイトの中を覗いて見ると、私と同じような境遇の方たちの借金から抜け出した債務整理の口コミ投稿を発見しました。思い切って相談したら胸のつかえがスッとした、誰にも言えずにいた悩みを親身になって聞いてくれたなど、そこには多重債務から抜け出した方たちの感謝の言葉で埋め尽くされたメッセージが記載してありました。私も当時は翌日以降の返済に充てるお金もなくただ、闇金に怯える毎日を過ごしていましたが、闇金解決から、自身の債務整理まで請け負ってくれる弁護士事務所のサイトにいつの間にか食い入る様にパソコンの画面に吸い込まれていたのを今でも思い出します。私のようなダメな人間でも再生の余地はあるのか、そう思い、当時は両親にも借金をしていた時分が恥ずかしくなり、また、一から人生設計を立て直すべきだと決心し、翌日弁護士事務所に駆け込みました。

弁護士事務所では担当の方はじめ弁護士先生に恥ずかしい今までの自分がしてきた杜撰な借金生活を全て打ち明けました。もちろん叱責もされた面談でしたが、全てを他人に打ち明けられたことに対し、私の胸につかえていたものがスッと無くなった事も同時に感じました。私の場合は仕事での収入も幾分かあり、任意整理という形で借金の減額をしていただきました。また、闇金には一切支払う権利はないですよと強いお言葉を頂戴した弁護士様より、直接闇金に連絡をしていただき、その返済義務もゼロにしていただきました。債務整理はかなり自身にとっても勇気のいる決断だったと思います。が、実際に経験して、今まで自分が悩みに悩んでいたこと、自分自身ではこれ以上解決ができない状況にいた中、弁護士様はじめご関係者の方たちのお力で解決の方向に向かえた事は本当に感謝しています。今はまだ任意整理の返済途中ですが、この返済は過去の自分が犯した過ちの償いと決め、毎月弁護士事務所様に感謝しながら返済をさせて頂いています。私のように一人で悩んでいる方がいらっしゃったら、勇気を出して、弁護士様に相談してみるのが救いの一歩につながるのではないかと思います。

なんてことない日常

現在働いてる職場はもうじき終了することになりました。

当初の予定より少し伸びましたが、契約期間が月末までだったので仕方が無い。

しかし、契約通りで終了する話が主任と人事に伝わって無かったらしく、そんな事聞いてないと言われました。いやいや、仕事始まる前から続けないって伝えていたはずなんだけどな…。

どうやら派遣会社と勤務先との連絡は一切取っていないらしく、重要な事は何も伝えていなかったみたいですね。まぁ派遣会社の方も「この人1ヶ月で辞めますがよろしくお願いします」なんて言いづらいか…。申し訳ないとは思ってます。

辞めるという話が伝わったのはシフト作成後。せめて契約更新の有無の確認してからシフト決めて欲しかった。そして休日にも出ることになりました。(振替休日もなし)

おかげで今回は6連勤、久々で疲れました~。

なんてことない日常

私は結婚をして2年目ぐらいに念願のマイホームを建てました。当時はまだ主人と犬との生活でしたが将来子供ができることも考えてレイアウトにはこだわりました。それと外観も当時なりのモダンな家をイメージして近いものになったと思います。

せっかく建てるため生活するうえで重要なのは動線ですね。階段をどこに持ってくるのかを決めないと雰囲気や動線も全て変わってきます。

しっかりと自分たちの生活パターンを考えておくことが良いと思います。また子供ができいつかは必要になる子供部屋をどうしたらよいのかなど勉強しました。今のところ子供部屋は広いスペースですが二人になったら半分のところで仕切りを簡単に取り付けることができる設定にしています。

しかも子供部屋のため明るい感じで壁紙やカーテンは少し遊び心のあるものを選ぶのも楽しかったです。そしてできるだけ考慮したいのが収納でした。

収納は取れるだけ設定しておいたほうが絶対良いですね。以前に住んでいた家は木造の古い家でそのため劣化が生じるのも仕方がなかったのですがリフォームするときりがない状態だと考えていました。

このためリフォームがあまり必要のない家選びも必要ですね。よく外壁の張替え等の勧誘電話がきますが我が家はリフォームのことも考えタイルにしています。

外からの災害にも強いしタイルの張替えは不要みたいです。家を建てることは一生に一度の大イベントのためしっかり悩んで勉強して楽しんで建てることが良いですね。

なんてことない日常