湿気が多い場所には色々なカビや雑菌などが繁殖しがちです。 30歳まで私が住んでいた埼玉県草加市の自宅のお風呂場周辺や脱衣場、冷蔵庫の中などに大量繁殖したカビで、気持ちが悪い経験をしました。 そんなカビの繁殖を避けるために、エアコンのドライ機能は湿度を低くし、湿気を少なくするのに便利です。

通常の冷・暖房機能とは別に、ドライ機能がついたエアコンは、部屋全体の温度を変えることはできませんが、空気中の湿度を最小限に下げることができます。 カビや雑菌は、湿気が多い場所で繁殖するため、空気中の湿度を下げるエアコンのドライ機能はとても効果的です。 ドライ機能がついたエアコンを設置している家庭は、有効に活用しましょう。 カビや雑菌が繁殖しやすい頃になると、我が家では自宅に1台あるエアコンのドライ機能をよく使っています。カビや雑菌が繁殖するのは、気持ちのよいものではないため、一緒に生活している父親と私は、自宅内をよく観察しながら過ごしています。

これからも私は、エアコンのドライ機能をフル活用し、カビや雑菌が繁殖することがない、通気性のよいきれいな家作りを心がけていきます。

なんてことない日常

最近、住宅街でウォーキングをしていると、太陽光発電の家をよく見かけるようになりました。確かに、夏の太陽のエネルギーはすごいので、このエネルギーを利用すれば電気がたくさん作れそうです。太陽光発電だと、化石燃料を使わないため、有害な物質が出ないのがメリットです。火力発電所みたいに、二酸化炭素、窒素や地球温暖化ガスを出すこともないのです。地球環境のことを考えると、太陽光発電に魅力を感じる人が増えてもおかしくありません。
実のところ、我が家も太陽光発電にしようかなあと考え中です。この間、お友達の家に行って、太陽光発電の仕組みを見せてもらいました。電気を自然のエネルギーである太陽から作れることに、子どもたちも興味津々のようです。これからの時代は、ますます太陽光発電が人気を集めるのかもしれないなあと思います。時代を先取りして、太陽光発電の家にしてみるのもよさそうです。

なんてことない日常

ファクタリングサービスというのは中小企業などがよく用いている資金調達方法であり、これはとてもよいことになります。何をどうして資金を調達するのかということなのですがこれは何と言っても売掛金を売却するということになります。

買いとってもらうということになりますが、これは要するに借金ではないということにもなりますのでそれなりにメリットがあったりします。

そうすることによって、貸借対照表に問題が出なくなるということでもありますので、鬼澤銀行の融資を受けようという時などに特別に問題になるようなことではなくなるというようなメリットがあったりするからです。

あくまで売掛金を売っているというだけの話なので借金が増えたというわけではないという点が大きな利点になるというサービスです。それがこのファクタリングサービスを利用することの理由の一つになります。

なんてことない日常

先日、とても勉強になった出来事があったので、日記に記しておきます。仕事上のご縁で知り合いになった行政書士の方がいます。3回ほど会っただけではありますが、とてもお話が面白く、会うたびに強烈に記憶に残る人です。

先日、その行政書士さんと偶然駅でお会いして、ひょんなことから一緒に居酒屋に行くこととなりました。なんでも、一人で飲みに行く途中だったらしく、私が偶然現れたことで、さびしい酒席にならなくて済んだ、と喜んでいらっしゃいました。日本酒を二人で飲みながら、色々話したのですが、その中で、彼が相当なお金持ちだということがわかりました。

まあ、行政書士ですから納得ですね。そして、彼が不動産投資でかなり儲けていることも知りました。彼はその投資について事細かに話してくれました。マンションが一番儲かる、とか、アパートもいいぞ、とかそんな話を聞けて、とても勉強になり、不動産投資自体に興味がわいてきました。刺激的で興味深い時間を過ごせて、本当に彼に感謝です。

なんてことない日常

婚活をしたいけれど、とりあえず気軽にできることから始めたいという人は多いですよね。単なる出会いというだけなら合コンもありますけど、結婚をしたいという時にはやはり合コンだけで知り合うのは難しいです。婚活はお互いに結婚を前提とした相手を探すことができます。そのため出会いから結婚までの時間も無駄にせず済みます。

手軽に婚活を始めるのなら今はネット婚活という形もあります。実際の結婚相談所に登録するのはハードルが高いですし会費も高いイメージがありますが、ネットからならそれより気楽に登録することもできます。婚活を成功させるためには、出会いを最大限に活用することが大切です。ですから婚活サイトだけではなく婚活アプリや、パーティなど色んな方法で相手を探すほうが良いんです。最初は自分に合った方法で始めれば良いのですが、慣れてきたら色々チャレンジしていくのも良いですね。

なんてことない日常

先日は姪っ子の5歳の誕生日でした。遠方に住んでいるためプレゼントは毎年郵送しているのですが、今年も例年通り発送しました。

プレゼントは誕生日の二日前に届いたようで、その日のうちに姪っ子からお礼の電話があり、少し早いけど「お誕生日おめでとう」も言うことができました。誕生日当日は、二日前に電話で話したし、おめでとうも言ったので、特にこちらから連絡はしませんでした。

すると翌朝、妹(姪っ子の母親)からメールがきて、姪っ子が「お誕生日おめでとうの電話なかったね」と言っていると。慌てて電話しましたが完全に油断してました。もう誕生日のお祝いの意味とか分かる年齢になったんですね。そして、誕生日当日電話が出来なかった言い訳として、仕事が忙しかったからと、まるでドラマのようなありきたりな言い訳をしている自分がいました。大人って子供に言い訳する時はすぐに仕事のせいにするんですね。反省しました。

なんてことない日常

自宅や土地を始め、不動産売却を行う機会は一般の人なら長い人生の中でもそうそう無い筈。それだけに売却時に掛かる税金の事を知らない人も多いのですが、致し方無い事でしょう。
不動産売却の際に支払う税金は譲渡所得に対し発生するもの。つまり不動産売却で得られた価格から、新たに購入した不動産の価格や経費、更には売却時に掛かった経費全てを引き、その差額に対し課税されるシステムとなっています。
ちなみに、新たに購入した不動産の価格が購入時よりも上がっていれば差額が減り、税金的にもお得になる一方、逆に購入時よりも下がっていれば差額も大きくなり、より高い税金を支払わなければなりません。
せっかく売ったのに損となってしまう、いわゆる譲渡損失ですが、その年の所得から譲渡損失分を差し引き、所得税や住民税をお得に出来るという有難いシステムがあります。

なんてことない日常

私は、普段タクシーを利用する時は、飲み会や結婚式や資格取得をする会場以外利用しません。タクシーに乗ると考えるのが、タクシードライバーの人が面白いかどうかです。幸い、私は、面白いタクシードライバーの方にしか会ったことがございません。女性のタクシードライバーの方は、かなり面白く、走行しているといきなり、秘密の道を走行して良いですか?と聞いてくる。こちらがOKを出すとスピードを上げ、細い入り組んだ道を次から次へと通ります。主婦の知識の内の一つなのかなと思ってしまいます。男性のタクシードライバーさんは、かなり温厚な方が多く、ご年配のドライバーさんは、料金の端数を無くしてくれたり、戦時中の話をしてくれたりと色んな話をしてくれるので聞き入ります。若いタクシードライバーさんは、ギャンブルや相談や悩みなどを言ったりして、話に夢中になったりします。今後も面白いタクシードライバーさんに会えるのを願っています。

なんてことない日常

現在では当たり前ともいえる、出会いの場所であるマッチングアプリ。2000年代に出会い系に掲示板ができて以来、出会いを求めてる人同士をつなぐアプリが続々と出てきました。その後、単なる出会い系でなく、より明確な目的である結婚相手を見つけるための婚活アプリが出現し、現在ではマッチングアプリと言って、自分のプロフィールだけでなく、趣味や興味のあることを登録し、より相性の良い人に出会えるアプリが主流になってきています。いつの時代も、より条件の合う、より相性の合う相手と出会いたいという願望に、私たちも動物の持つ本能のようなものがあるんだな・・。なんて、ふと感心すらしてしまいます。インターネットが普及していなかった時代では、知り合うことすらなかっただろうこの広い世界で、出会ったこの奇跡のような確率を大事にし、世界規模の愛を育んでいってほしいと願います。

なんてことない日常

それは私が上海に留学していたときのことでした。
留学先の大学では、ときどき留学生のみで団体旅行が企画されます。たしか、西安への旅行(二泊三日)だったと思います。
バスに乗って出発を待っていると二人の背の高い女性が出発ギリギリで乗車してきました。一人は前の席へ、もう一人は私の隣に座りました。それが彼女との出会いでした。
その後、列車に乗り換え、一路西安へと向かいます。彼女は釜山出身で連れの韓国人女性とともに、西安旅行を満喫しました。寝台列車の中でいろいろ話をしたり、西安の城壁の上を自転車で走ったりしました。

三カ月後…。
私の中国語がうまいということでガイドを兼ねて、彼女とその友達の三人で上海から内モンゴル(北京のさらに北)へ旅行することになりました。
帰り道、北京から上海に戻る途中、どうしても上海行きの列車の切符が買えず、上海の西にある杭州までの切符を買いました。
その日はおりしも皆既日食の日。
太陽、月、地球の順で星が一直線に並びます。
昼にも関わらず、周囲の自動車や景色が暗闇に包まれました。彼女は強引にタクシーを止め、無関心な運転手も巻き込んで数分間の天体ショーを楽しみました。
あれは今、振り返っても実に不可思議な体験でした。

なんてことない日常