少し前に車を買い換えました。

古い車でしたし、ワンボックスカーでしたので

燃費がとても悪い車でした。

我が家が、坂の上にあるのでそのことも影響して

燃費は1リットル当たり、5、6キロ程度でした。

今の時代、宣伝では30キロを超える車がたくさんいます。

普段の通勤と買物に使用しても週に1回

3000円分を給油しなければいけませんでした。

遠出をしようものなら、5、6千円はすぐに飛んでいきました。

それが今の車になってからは

1リットル当たり、15キロ程度走ります。

宣伝では、25キロとなっていましたが

坂道を多く走ることや

近場走行が多いので、なかなか宣伝通りにはいかないようです。

ですが、1週間に1回から10日、2000円の給油で済んでいます。

以前に比べるとガソリン代が、かなり少なくて済んでいるので

買い替えて良かったと思っています。

なんてことない日常

私は子供のころに、人形で1人で遊ぶのが好きな女のこでした。

うちは木造の借家でしたので、子供ながらに貧乏だったナと思ってしまっていました。

近所に住む、お金持ちの女の子はたくさんのお人形をもっていましたし、服も数多くもっていました。

でも私には1つの人形と、1着の服しかなかったので、一緒に遊ぶ気がしませんでした。

40代になって、お人形を趣味で集めている芸能人がいると知りました。

その人形は、どこか惹かれてしまうものがありましたし、ネットで検索しているうちに、

欲しくなって購入してしまったのでした。

届いたその人形はブライスドールといって、かわいい顔で4つの瞳にカラーチェンジできるものでした。

私はそのブライスドールが気に入ってしまって、自分で編み物をするのでワンピースを編んでみたんです。

それが結構かわいくて感動してしまったのですが、洋裁はできないのでオークションで、服を一昨日に

落札したのでした。

なんてことない日常

名古屋の不妊治療の場合、名古屋市のさわだウィメンズクリニックがおすすめです。

不妊で悩んでいる、と言う方は少なくありません。

しかし、一人で悩むよりも、まずは専門機関で受診をし、そして不妊の原因などを調べてもらう、ということをおすすめします。

名古屋市のさわだウィメンズクリニックでは、こうした不妊治療を手がけている有名なクリニックになります。

名古屋市からのアクセスなどもとても良いですので、通いやすく、便利なのが特徴です。

また、不妊治療の実績があり、人工授精から、さらに体外受精までを行っています。

妊娠をしたいけれど、なかなか妊娠しない…と悩んでいる人にもまずは通ってみることをお勧めします。

まずは、タイミング法から始まり、そして子宮の検査や、卵巣の検査をするという流れになります。

そこから、人工授精にステップアップしていくと言う流れになります。

なんてことない日常

以前からテレビでよく特集をしていたふるさと納税の申し込みをついにしました。

我が家としては節約のために!ということで(本当は地域のために納税することをメインとしたいところですが、それはもう少し生活が楽になってからとさせてもらおう)サイトを見ていろいろお礼の品を物色。

やはり、肉か米かなあ…。

品質も大切だけど、やっぱり量だなあ。

これを機に高級なお肉など食べてみようかとちらりと考えましたが、それはもう少し生活が楽に…以下同文。

豚肉が結構重量のあるもので「いいな」と思うものが見つかりました。

その中でも毎月限定100セットの豚肉を指定して寄付の申し込みをしました。

申し込みをした場所はこれまで全く縁がないところだったんですが、申し込みをしてからその地域のニュースがたまたまテレビなどでやっていると、妙に親近感がわいてきました。

そんなこともありつつ、あとは豚肉が届くのを待つばかりです。

なんてことない日常

私が住む街から車でいt時間ほどにある、岡山 マッサージ師の腕が良いと評判です。みんながよく岡山でのマッサージを受けてくるのです。そのたび、私もとても気になっていたのです。

わざわざ車で一時間もかけて行く人がいるのです。それ以上遠くから行く人だっているくらいなのです。よっぽど腕の良いマッサージ師なのでしょう。

だから私も早速予約をとってみました。三か月先の予約ですが何とか予約はとれました。そして三か月経って、ようやくマッサージを受けれることになったのです。

お年寄りのおじいさんです。力はなさそうなのに、マッサージをしてもらっているととても気持ち良くなりました。気が付いたら終わっていました。あっという間でした。

でもその後体の調子がとても良くなったのです。痛い膝も、痛い腰も治って動けるようになったのです。さすが評判の良いマッサージ師でした。

なんてことない日常

最近、アイスコーヒーを作る機会が増えました。前からコーヒーは好きだったんですが、暑くなってくるとホットコーヒー飲むのがしんどくなってしまいました。氷をたくさん用意しておくことと、いつもよりコーヒー豆の量を増やすことに気を付けたら、アイスコーヒーを飲むと気分がすっきりします。

うちでは毎朝コーヒーを飲みます。アイスの場合はコーヒー豆の量をホットのときよりも1.5~2倍くらいに増やすことになるので、手動のコーヒーミルではすこし手間がかかりますががんばってゴリゴリと挽いています。しばらく前からブラックで飲むことに抵抗がなくなり、ミルクとか入れなくなりました。

節約になるし、ムダなカロリーをとらなくていいし、ブラックでいただくのもいいですね。なにより、コーヒーの味わいがよくわかるようになりました。とくに柑橘系のフルーツっぽい味わいのコーヒーなら、ミルクを入れないほうがおいしいと感じています。

なんてことない日常

いつか自然に出会いがあるだろうと思っていたのですが、30歳を超えてもなかなか出会いがないので、とうとう私も婚活をすることにしました。本当は婚活でなくて会社や友人からの紹介で出会いたかったのですが、職場には既婚者や年下男性ばかりで良い相手がいませんし、友人もみんな結婚してしまい紹介してもらえず、焦っているので結婚相談所に登録しようと思いました。

婚活方法は色々とありますが、結婚相談所に登録することが一番結婚への近道じゃないかと思っています。しっかりとした身元の人が登録されていると思いますし、結婚したい人が登録していると思うんです。女性は子供を産める年齢が決まっているので、もっと早くに婚活をすれば良かったと反省しています。でもいざ登録しようと思っても、たくさんの結婚相談所があり、どこの結婚相談所が良いかわからず悩みました。

インターネットで結婚相談所 比較 口コミを見たり、比較サイトなどを利用したりなどして、人気で信頼できそうな結婚相談所を見つけました。私の希望している条件の男性を数名紹介してもらえるので、今度会う予定です。すごくドキドキしていますが、良い出会いになると嬉しいなと期待をしています!結婚相談所の出会いも普通の出会いも、今は変わらないと思っていますし、どんどん積極的に行動していこうと思っています。年収も年齢も気にしないので、とにかく自分と価値観が合う人、一緒にいて安心できる人と出会いたいなと思っています。

なんてことない日常

映画を視聴する場合、テレビが基本で、後はレンタルショップにいってのレンタルなどが一般的でしたが、最近だと映画配信のサービスもあるんです。

配信サービスというのは大抵は会員登録が必要なもので、後は非常に応じてお金を支払うといった仕組みがほとんどです。私が利用しているところでは、一部映画は無料での閲覧が可能となっていて、まずはお試しでの利用が可能でした。

閲覧はパソコンがあれば可能ですが、他にもゲーム機本体を使ってテレビで視聴することもできます。レンタルショップとの違いは、自宅にいても好きな映画をセレクトして視聴できることです。あとたまにですが、レンタルショップよりも早く視聴できる映画もあります。洋画だと特にそういうことは多いです。

利用料金は一般的なレンタルショップよりも安いぐらいなので、個人的にはオススメしたいサービスです。

なんてことない日常

フレッツ光に契約すると、キャンペーンなどでフレッツ ノートが無料でもらえるといったキャンペーンが時々やっています。

フレッツ光もっと2割や光ライト割を契約をすれば、2年間、ずっと月額料金が安くなるのがお得です。又、もっと嬉しいのがパソコンを貰えることなのです。

そのパソコンは15.6インチで画面が大きく、最新のOSのノートパソコンで、DVDスーパーマルチドライブが付いていますし、色々な便利な機能が付いているのも魅力的です。

もう1つ違うノートパソコンからも選べるのですが、HDDの大容量で、最新のOSが付いていますし、HDワイド液晶でHDD 500GBというワンランク上の魅力があるノートパソコンから選べます。

他にも国産のノートパソコンからも選べて、15.6インチHDサイズ液晶ディスプレイで、HDD 320GB、超解像技術など、とても見易くて使い易い国産のノートパソコンから選べます。

なんてことない日常

今日はある美術館へと足を運んだ。そこは主にエコール・ド・パリを代表する画家たちの展示が主で印象派の絵もちらほらと見受けられた。

普段私は美術館に行くことというのは今まで一度もなかったのだが行ってみたらそこはちょっとした異空間というか別世界だった。

大きな装飾のある額縁に飾られた画家たちの絵にはそれぞれの個性が強く感じられ、まるで時代の差を感じさせないほど活き活きとしていた

50年から100年たった絵とはとても思えなかった。少しずつ近づいていくとだんだんと絵の凸凹とした感じが見えるようになり画家の筆のタッチが鮮明に

見ることができた。美術の教科書に乗っているような画家たちをなんだか身近に感じることができとてもワクワクできるちょっと日常と離れた面白い空間であった。

ただそこにある絵を描いた画家たちは皆亡くなっていて画家たちのかけた人生という重いテーマもそこにはあった。

そういったことも含めて考え方にも少し影響を与えてくれそうでこれからは積極的に美術館をめぐりたいと考えるようになった。

なんてことない日常