久しぶりに回転寿しに行きました。

百円の回転寿しなのですが、私の母親が弟の部活の大会で一週間程、家を空けるのでその前に家族でということで向いました。

しかしながら、冷静に考えますと母親と弟が行く先は「北海道」ですので、きっと美味しい海鮮が待っているはずです。

そう考えると、回転寿しでなくても良かったかなと思いますが、一週間とは言え、家族全員が揃って食事をすることの間が空きますので、料理はどうあれ良かったかなと思います。

そして、母と弟が向こうで美味しい魚を食べられるのは羨ましいとも思うのですが、もしかしたら忙しくて食べられないという状況にもなりかねず、目の前にニンジンをぶら下げられた馬のようなことになったら可哀想ですので、ちょっとくらいは時間がとれることをお腹をお寿司でいっぱいにして、こっそりと祈りました。

なんてことない日常

今日は前半期の最後のフラワーアレンジメントの日でした。朝からだるい上に雨まで降っていたのでギリギリまで行くかどうか迷っていたのですが

やはり行って良かったです。テーマはお祭りでペットボトルを自分たちで加工してお祭りのハッピに見立てた花器にオアシスを沈めてその中にかざいをさして行きました。黄色のアンダーソニアは花がお祭りの提灯を思わせる可愛らしい花です。そこに青いリンドウやえんじ色の小菊をポイントにして黄色の女郎花をさして賑やかにお祭りムードを高めます。いつもお花と向き合っている時は集中していて他の事は何も考えずにお花だけを見ているので良い気分転換になります。そして帰る頃にはお花から元気をもらって笑顔になっています。

帰ってすぐに父の仏前に飾りました。父もきっと喜んでくれているでしょう。次回も引き続き、申し込んで講座を受けたいと思います。

なんてことない日常

男と女がセックスをするという実に気持ちがよく、最高の時間のはずが、早漏により自分だけがすぐにイッてしまい、彼女としてはもう終わっちゃったのという実に不満の時間になってしまうのです。最悪の場合には挿入する前にイッてしまうことさえあるかもしれないのです。この早漏の問題は男の大きな悩みとなってしまいます。セックスまでやっと持っていけたのに、そこで彼女を満足させてあげることができないと、男としての自信がなくなってしまうのもそうですし、ケンカの原因にもなり得るからです。

早漏についてはセロトニンの分泌量が関係しているようです。詳しくは性とセロトニンの関係にも書かれています。

早漏というのはいわば自分だけが一方的に気持ちよくなって射精してしまうことですから、相手のことを考えていないことにもなります。それで早漏はなんとかして克服しなければならない問題です。包茎の人がそうなりやすいといわれることがありますし、エッチの最中にすぐに高まることを避けるために別のことを考えることもできます。また挿入してからすぐに腰を振らないようにして、刺激を少なくしながらタイミングよくしていくことができるかもしれません。

なんてことない日常

久し振りに、国内の小旅行に行って来ました。

日帰りの旅行で、車で3時間程の場所でしたが、とても気分転換になりました。

川のキレイな場所に行って、ゆっくりと釣りと川遊びを楽しみました。

川に行くと、絶対にすることと言えば、石を投げるあの遊びです。

絶対の自信があったのですが、なんと5回が最高で、それ以上は行きませんでした。

川の流れが強かったこともありますが、それでももっと出来ると信じていました。

昔、宮川大輔が挑戦しているのを見たことがあるのですが、その時に自分ならもっと上手く出来ると思っていましたが、そうではなかったようです。

勢いだけではなく、回転のかけ方や投げ方のコツがあると言っていましたが、本当にその通りだと感じました。

初めの方は3回程しかジャンプしなかったのですが、最後の方に5回出来たので、その感覚を忘れないように次は、もっと頑張りたいなと思います。

なんてことない日常

壁にカラフルなモザイクタイルを貼ったキッチン…可愛くて憧れますよね。カウンターは白色のモザイクタイルで統一すれば、まるで南仏の田舎家みたいで素敵です。

でもここは日本。やっと手に入れたマイホームでも、キッチンはパネルが貼られているのが一般的です。まあ、これはこれで機能的なのですけれどね。しかし機能性ばかり追求した生活も味気ないものです。生きて行くために生活には遊びが必要です。

そんな事実に目覚めた女性の間で、今、キッチンをモザイクタイルDIYで飾ることが流行しています。

ネットやインテリア雑誌などでは、モザイクタイルでリフォームした自慢のキッチンを紹介する記事が溢れていて、中にはプロ顔負けの独創的かつ華麗なキッチンを披露している方がたくさんいます。

難しいのでは?とお思いでしょうが、最近のDIYブームを受けて、貼りやすいモザイクタイルが急速に増えています。中にはあらかじめ目地にタイルがセットされていて、裏に付いているシールを剥がして貼るだけという簡単な物まであるのですよ。

こういったモザイクタイルは通販で販売されているので、時や場所を選ばず、じっくりセレクト出来るところも嬉しいですね。お店だと落ち着いて見ていられないことってありますから。種類も豊富に揃っており、キャンディ見たいに愛らしいものから、深い色合いが美しい美濃焼まで、誰もがお気に入りのモザイクタイルが見つけられるはずです。

憧れのモザイクタイルキッチン。憧れるばかりではもったいないですよ。

なんてことない日常

少し前に車を買い換えました。

古い車でしたし、ワンボックスカーでしたので

燃費がとても悪い車でした。

我が家が、坂の上にあるのでそのことも影響して

燃費は1リットル当たり、5、6キロ程度でした。

今の時代、宣伝では30キロを超える車がたくさんいます。

普段の通勤と買物に使用しても週に1回

3000円分を給油しなければいけませんでした。

遠出をしようものなら、5、6千円はすぐに飛んでいきました。

それが今の車になってからは

1リットル当たり、15キロ程度走ります。

宣伝では、25キロとなっていましたが

坂道を多く走ることや

近場走行が多いので、なかなか宣伝通りにはいかないようです。

ですが、1週間に1回から10日、2000円の給油で済んでいます。

以前に比べるとガソリン代が、かなり少なくて済んでいるので

買い替えて良かったと思っています。

なんてことない日常

私は子供のころに、人形で1人で遊ぶのが好きな女のこでした。

うちは木造の借家でしたので、子供ながらに貧乏だったナと思ってしまっていました。

近所に住む、お金持ちの女の子はたくさんのお人形をもっていましたし、服も数多くもっていました。

でも私には1つの人形と、1着の服しかなかったので、一緒に遊ぶ気がしませんでした。

40代になって、お人形を趣味で集めている芸能人がいると知りました。

その人形は、どこか惹かれてしまうものがありましたし、ネットで検索しているうちに、

欲しくなって購入してしまったのでした。

届いたその人形はブライスドールといって、かわいい顔で4つの瞳にカラーチェンジできるものでした。

私はそのブライスドールが気に入ってしまって、自分で編み物をするのでワンピースを編んでみたんです。

それが結構かわいくて感動してしまったのですが、洋裁はできないのでオークションで、服を一昨日に

落札したのでした。

なんてことない日常

名古屋の不妊治療の場合、名古屋市のさわだウィメンズクリニックがおすすめです。

不妊で悩んでいる、と言う方は少なくありません。

しかし、一人で悩むよりも、まずは専門機関で受診をし、そして不妊の原因などを調べてもらう、ということをおすすめします。

名古屋市のさわだウィメンズクリニックでは、こうした不妊治療を手がけている有名なクリニックになります。

名古屋市からのアクセスなどもとても良いですので、通いやすく、便利なのが特徴です。

また、不妊治療の実績があり、人工授精から、さらに体外受精までを行っています。

妊娠をしたいけれど、なかなか妊娠しない…と悩んでいる人にもまずは通ってみることをお勧めします。

まずは、タイミング法から始まり、そして子宮の検査や、卵巣の検査をするという流れになります。

そこから、人工授精にステップアップしていくと言う流れになります。

なんてことない日常

以前からテレビでよく特集をしていたふるさと納税の申し込みをついにしました。

我が家としては節約のために!ということで(本当は地域のために納税することをメインとしたいところですが、それはもう少し生活が楽になってからとさせてもらおう)サイトを見ていろいろお礼の品を物色。

やはり、肉か米かなあ…。

品質も大切だけど、やっぱり量だなあ。

これを機に高級なお肉など食べてみようかとちらりと考えましたが、それはもう少し生活が楽に…以下同文。

豚肉が結構重量のあるもので「いいな」と思うものが見つかりました。

その中でも毎月限定100セットの豚肉を指定して寄付の申し込みをしました。

申し込みをした場所はこれまで全く縁がないところだったんですが、申し込みをしてからその地域のニュースがたまたまテレビなどでやっていると、妙に親近感がわいてきました。

そんなこともありつつ、あとは豚肉が届くのを待つばかりです。

なんてことない日常

私が住む街から車でいt時間ほどにある、岡山 マッサージ師の腕が良いと評判です。みんながよく岡山でのマッサージを受けてくるのです。そのたび、私もとても気になっていたのです。

わざわざ車で一時間もかけて行く人がいるのです。それ以上遠くから行く人だっているくらいなのです。よっぽど腕の良いマッサージ師なのでしょう。

だから私も早速予約をとってみました。三か月先の予約ですが何とか予約はとれました。そして三か月経って、ようやくマッサージを受けれることになったのです。

お年寄りのおじいさんです。力はなさそうなのに、マッサージをしてもらっているととても気持ち良くなりました。気が付いたら終わっていました。あっという間でした。

でもその後体の調子がとても良くなったのです。痛い膝も、痛い腰も治って動けるようになったのです。さすが評判の良いマッサージ師でした。

なんてことない日常