今や英語が当たり前に話せる時代になっている中、なるべく飲み込みの早い若い年齢から海外留学に行く人口が年々増えています。

従来は語学留学で渡航先の中心はアメリカやイギリスなどが多く選ばれていましたが、最近はその半額の滞在費用でスムーズにネイティブ英語を身に付ける事ができるフィリピンへの英語留学が密かにブームを呼んでいます。

フィリピンに語学留学する第一のメリットは、1ヶ月あたりの留学費用が宿泊代と食費込みで僅か10万円台に留められる点で、収入が少ない学生でもコツコツとアルバイトをすれば必要な資金を作るのに不可能ではない金額です。

そしてフィリピンには、口コミで評判の良い日本人経営の語学学校が点在しているので、わざわざホームステイ先を自ら探し出す必要がなく、食事や宿泊部屋も洗練されているので、日常生活に苦労を強いられる事が一切なく勉学に集中できます。

又、文法や単語などの机上英語は日本の学校で満足に習得していても、自身の言葉を使って長文でスピーキングしたり、ヒアリングするのは意外に苦手な日本人が多いです。

フィリピンの語学留学は、このような欠点をカバーするのに最適な環境であり、1日最低5,6時間はマンツーマンレッスンの授業を提供している語学学校が多く、欧米での語学研修では有りがちなグループレッスン主体にはなりません。

従って必ず自身が積極的に英語で話す時間が十分に与えられ、短期間で英語をスラスラ話せるようになりたい、リスニングの不自由を解消したいなどの願いを持っているなら、フィリピンで英語を取得するのは大変お勧めです。

フィリピン留学を前向きに検討したい場合は、現地で学習している留学生のフィリピン留学ブログや、語学学校のホームページで紹介されている体験談は非常に参考になるので、それで実際の生活の過ごし方のイメージを膨らましながら、滞在期間と予算の調整を行っていきましょう。