タクシードライバーは一般的な会社よりも定年が遅い

タクシードライバーは通常の会社員よりも明らかに優れている部分があり、それが定年に関してです。
定年に関しては、老後の生活にかかわってくるのでかなり重要な部分と言えると思います。
タクシードライバーの場合には、会社に勤めて働く場合でも多くの場合、一般的な会社よりも定年が遅く設定されています。
大手の場合はともかく、中小の会社の場合には定年という概念があまりなく、70代以降になっても働いている人が多くいるのです。
したがって、そこはタクシードライバーという仕事の特徴とも言えると思います。
長く働けるということは、それだけ高齢になっても収入がちゃんと確保できるということを意味します。
年金以外で収入があるか?どうかというのは非常に重要ですし、あまり知られていない事実かもしれませんけど、そういった部分はタクシードライバーならではのメリットと言えると思うのです。