不動産売却に関わる税金は重くなっても所得税や住民税で楽になる

自宅や土地を始め、不動産売却を行う機会は一般の人なら長い人生の中でもそうそう無い筈。それだけに売却時に掛かる税金の事を知らない人も多いのですが、致し方無い事でしょう。
不動産売却の際に支払う税金は譲渡所得に対し発生するもの。つまり不動産売却で得られた価格から、新たに購入した不動産の価格や経費、更には売却時に掛かった経費全てを引き、その差額に対し課税されるシステムとなっています。
ちなみに、新たに購入した不動産の価格が購入時よりも上がっていれば差額が減り、税金的にもお得になる一方、逆に購入時よりも下がっていれば差額も大きくなり、より高い税金を支払わなければなりません。
せっかく売ったのに損となってしまう、いわゆる譲渡損失ですが、その年の所得から譲渡損失分を差し引き、所得税や住民税をお得に出来るという有難いシステムがあります。