医療関係の事務職について知っていますか?事務職といっても病院(法人)全体・受付・各病棟(診察科)・リハビリ・介護分野・他医療機関への連携室など、配属先によって仕事の内容や覚えることが異なってきます。

受付では病院全体の窓口となるため、この病院に関すること全体を知っておかなければならないでしょう。

病院(法人)全体では、病院に勤務しているスタッフの給与計算や経理、各種届け出の処理などの仕事があります。

各病棟(診察科)では、診察票の処理や他の病院(診察科)との連携、そして診察の補助(付き添いや簡単な介護補助など)をしなければいけない場合もあります。

他医療機関との連携室では、電話対応や添書などの医療文書作成の仕事があります。

以上のように事務職でも様々な業務があるのです。医療関係の事務職へ就職をお考えの場合には事前にその病院について調べておくか、面接にてどの部署の事務職へ配属になるのかを聞いておくとよいでしょう。