民法という法律では、人が死亡によって相続が発生する旨の定めがあります。相続によって相続人は亡くなった人の遺産を承継することになります。通常相続と言うと現金、預貯金、金融資産、不動産などプラスの財産をイメージする人が多いでしょう。しかし相続によって相続人が承継する遺産はプラスの財産だけではありません。借金や保証債務などマイナスの財産も相続の対象となるのです。そのため借金を負っていた人が亡くなって相続が発生し、相続人が承認してしまうと返済義務を承継してしまいます。それにより相続を承認した相続人が親の借金を負う形になってしまうのです。

そこでもし親の借金を負いたくないのであれば、相続放棄の手続きをする必要があります。この手続きは相続人がそれぞれ家裁へ申述書と必要書類を提出して申請します。例えば3人の相続人がいた場合、3人がそれぞれ別々に相続を放棄する手続きをしなければならないのです。また家裁は全国どの場所にもありますが、自分で手続きする家裁を任意に選択することはできません。相続の放棄の手続きをする場合、亡くなった人の最後の住所地を管轄する家裁に申請しなければならないからです。

相続の放棄は相続発生後、いつても手続きができるわけではないので注意する必要があります。民法という法律では、相続人が相続発生を知った時から3カ月以内に手続きしなければならないと定められています。相続開始を知った時とは、被相続人が死亡したことを知り、それによって自分が相続人になったことを認識した場合です。このような規定があることから相続の放棄の手続きは、相続開始後すぐに取りかからなければならないでしょう。場合によっては相続人や相続財産をなかなか確定できない場合もあります。また亡くなった被相続人が出生から死亡までの期間、転籍を繰り返している場合もあります。このような場合、各本籍地に戸籍を請求しなければならないので、戸籍を集めるだけで時間がかかります。このような場合、気づいたら相続の放棄の手続き期間が間近に迫っていたなどという場合もありえます。

相続の放棄の手続きは自分でも手続き可能です。しかし早く手続きしてもらいたいのであれば相続放棄の相談窓口へお願いしたほうがよいでしょう。