痛風の初期症状はあまり発見がしにくいのですが、関節の部分が腫れてしまったり、赤くなるなどしてしまうために注意してみておかなければいけません。この痛風の初期症状を見逃すと…腫れるだけではなく強い痛みが出てしまったり、腎臓などにも影響が出るなどしてしまうのです。若い頃から痛風は発症してしまうケースがあるために、若いうちから対策を取る必要があります。最初は少しだけ強い痛みが出るのですが、それが多くなったりするなど症状を改善させていかないと大変なことになります。しかし痛風は自分から対策を行わないと悪化の一途をたどってしまうので、痛風の食事療法などをする必要があります。

痛風の食事療法はプリン体をどれだけ除去をしながら食事をするかです。さまざまな調理方法をしても中々プリン体自体が減らないこともあるために、元々プリン体のあまり入っていないものにシフトして献立を考える必要があります。レバーや肝などに多く入っているために避けるようにするのが良いでしょう。一方で海藻などアルカリ成分の多いものはプリン体が少ないことが多いために、積極的に摂るようにします。そしてアルコールなども出来るだけ避け、特にプリン体の多く入っているビールなどは止めるようにすると良く、飲み物は出来れば牛乳やコーヒーなどにする方が良いのです。

このように痛風の食事療法はプリン体をどれだけ少なくするかが重要であるので、食事で使われている食材のプリン体量を計算をし、少なくしていくことが重要となります。