昨日はいつものカフェではなく、少し歩いた先のカフェに行った。特に何かあったわけでもないが、なんとなく少し遠出してみることに。

そのカフェは漁師町にあり、不思議な感じがした。木材でできたウッド調のカフェはナチュラルテイストのお店だった。カフェの前はすぐ海で、とても開放感がある。入り口は広く、奥の席からも海が望めるようになっている。これは居心地がいいに違いがない。外ではトビとカラスが空を飛び、猫が海岸通りで昼寝をしている。漁師町にあり違和感を持つが、外観の素朴さからか気にはならない。そのカフェはできて2年たっていて、すっかり町民に馴染んでいた。

私はスムージーを頼んで、奥のソファー席を選んだ。海が一望できる。しかし日中ということもあり、あたりは静かだった。店内では人の話す声が聞こえるが騒々しくない。ファミリーやサラリーマン、外国人など様々な人がやってくる。彼らもこの場所に惹かれ、ゆったりと過ごしている。まさにスローライフといったようだ。