私はファミコン世代なのですが、当時、学校の友達の間でもこのゲームの話題が一番の話題だった事を覚えています。

しかし、時は流れ、時代は変わり、今ではインターネット全盛期。

オンラインゲームが活発な時代です。

私自身は、仕事が忙しいと言う事もあり、オンラインゲームどころか、ゲーム自体をする暇が無くなりつつあるのですが、オンラインゲームの話題をちょくちょく聞きます。

聞いた範囲では、オンラインゲームにはFPSが多そうな感じですが、実際の所はどうなのでしょうか?

課金問題で世間を騒がすこともある、ソーシャルゲームもオンラインゲームでしょうから、それを考えれば案外少数派だったりするのでしょうか?

いずれにしても、どちらが作るのが大変で、マニアなファンが多いかと言えば、これはFPSの方で間違いがないかと思います。

何しろ、密度が違いますしね。

少しの違いで楽しさが変わってくるFPSオンラインゲーム

FPSのオンラインではゲームの面白さ技術を競う面で楽しむ面は多くあります。課金を行うことによって容姿や装備などを変更が出来たりするなど、他人とは違うものにすることによって目立つことが出来るので独自なキャラを作ることも可能になっています。独自なキャラを作成することによってFPSでは覚えてもらうことが出来たりするなど、交流の幅も大きく広がってきます。その他にも武器でも人と違うものを持つことによって力の違いを見せ付けることが出来るので、オンラインゲームで優位性を出すことも出来ます。

FPSの技術面ではコントローラアタッチメントを装着することで、技術を更に向上することに繋がっていきます。オンラインゲームは工夫一つ、付けるものを変更したりすることでも楽しさは倍増していくので、独自の楽しさを追求するために色々な可能性を見出していくのも良いです。