安全な野菜を選ぶ際に注意するべき事は、誰がどのように作っているかが明確になっているという事が重要です。スーパーだと産地は書いてあっても誰がどうやって作ったかまでは記載されていないことのほうが多いです。

では、どうやって安全な野菜を選ぶのかと言うと、最近よく耳にする道の駅や地産地消を謳っている地元のスーパーなどです。特に最近の道の駅は地域で採れた野菜を販売しているところも多く誰がどのように作ったかまで書かれている事もあります。

化学肥料や農薬などを使用しない、自然農法で作られた有機野菜なども多く取り扱っており、安全な野菜を買うにはうってつけの場所となっています。

食の安全が脅かされるニュースがよく取り挙げられていますが、自分で安全な野菜を選ぶことにより、そういったリスクを回避する事が出来ます。小さなお子様を持つ方等は、野菜の購入方法にも気を使ってみてはいかがでしょうか。