離婚は法律に基づいて行われる事が特徴で、夫婦の双方が性格の不一致などの原因で勝手に離婚できない規定になっています。民法に従ってきちんとした手続きを踏んで、お互いが納得する形として相談しながら進めていく事が大切です。

基本的な流れとして、性格の不一致などが生じて夫婦の双方が入っている籍を離れる事を希望する場合、相談をしながら離婚に向けた活動をします。夫婦の父母などの第三者などが入って、協議をしながら進める意識を持ちます。メリットとして、双方が納得した形で合意をすれば成立できる事です。相談をしている間でも夫婦が和解をして、仲直りを行って今後も一緒に住み続ける事も可能です。出来るだけお互いに非を認め合って、出来るだけ籍を離れないような方向性で話し合う事も良いです。

離婚が決定する流れに行けば、子供がいる場合に親権者を決めます。基本的に子供の親権は両者の協議で決められますが、仮に主婦の方に親権が移った場合に元の旦那が養育費を出すなどの話し合いをしておくと良いです。物心が分かる子供がいた場合、子供には非が無い事を考慮してしっかりと謝罪をして、別居した後のこれからの生活の方向性を決める事が大事です。

話し合いが進んで親権者が決まった場合、離婚届という書類の届け出を行います。基本的に届け出は最寄りの市役所などに受理してもらう事になりますが、親権者の項目に名前を書いておく事が受理の条件になります。

双方の相談によって納得が出来ない場合、家庭裁判所を通じて話し合いながら離婚の流れに持っていく方法があります。家庭裁判所による調停の方法は、夫婦の話し合いで慰謝料の関連の問題が発生した時に有効的です。民法などに詳しい委員が法律に基づいて慰謝料の請求などの調停を行うので、夫に不法の行為が行った時に法律に基づいて慰謝料を請求できる事がメリットです。

家庭裁判所を通じた調停の方法による離婚は、委員が立ち入って話し合いながら進められますので、不倫などの問題点などに関して冷静になって対処できる事がメリットです。夫婦の双方の話し合いでは理不尽な部分が出る事がありますが、法律に詳しい委員は法律に基づいて不倫などの調停を下したり、法的な手段を用いて慰謝料などを請求出来る事で双方からの信頼性が増すからです。

離婚についての相談は法律事務所などが行なっている離婚相談センター(http://rikon-bengosi.tokyo/)などがあります。あまり自分だけで悩まずに法律的な部分もあるので、しっかりと事前に相談されることをおすすめします。