こないだ話をしていたら、たまたまジャンケンの話題になった。

「ジャンケンでグループにわかれるやつ、なかった?

10人くらいを2つのチームに分けるときとかのやつ。」

「あった、あった。グーパージャスってやつ?」

「なにそれ、グーパージャス?すげウケんだけど。」

「グーパージャスじゃなかったら、何て言ってたん?」

「え?グッとパ、じゃね?」

「なに、うち、グーとパーでわかれましょ、だったんだけど」

で、グーグル先生におうかがいたてたら、どうも全国で違うのだね。

北海道とか「グーチー」だけど、東北は「うらとおもて」って言い方になったり

大阪のある地域で「ぐーぱっぐーぱっでポッサンキス」ってのも?

しかも、分けるときたいていはグーとパーだけど

場所によってはチョキとパーだったり

手のオモテとウラだったりする模様。

2つに分けるときの歌もバラエティに富んでるけど

ジャンケンするときも全然ちがうんだよなー。

違う地方から集まった人たちでジャンケンしてもらうと

一瞬、間があって、微妙な感じでジャンケンが行われるのは

たぶん、自分のとこのジャンケンしそうになって

でも他のとこのジャンケンと違うの薄々感じてて

で、お互い間合いをはかってるからなのかなー。

興味深い。