2018年8月の記事一覧

少し前にある知り合いが離婚しました。その理由は詳しくは聞いてないのですが、子供もいるのにどうやら我慢できない部分があったようで、結婚はゴールではないと言いますがその通りだと思います。

そもそも結婚前からお互いが違うタイプのように見えたのですが、そこに惹かれていたんですよね。自分にないものを持っている人というのは魅力的で、そこに惹かれる。

しかし年月が経ってくるとお互いの違いが魅力からストレスに変化しがちで、子供も生まれて教育方針の違いとか、夫婦の時間が少なくなり、関係悪化に向かうんだと思います。

子供のいない夫婦は仲が良いと言われますが、子供がいないので二人の時間を過ごせる、そして二人なので力関係が対等なのが良い関係が続くポイントなのだと思います。人は三人集まれば派閥が出来ると言われますが、夫婦に子供ができ、子供の意見も出てくるとなると全員の力関係が台頭でいるのは難しい、独身ながら今からそんなことを考えていました。

なんてことない日常

つい先日、私は事業を起こしている方と食事をするという席にご一緒することがありました。

元々自身も将来は自らの手で何か事業をしたいと考えているので、勉強になるだろうと思い、何か繋がりがあれば強みになるかもしれないと考えていました。

そこで、銀行の話になり、

「銀行は雨が降ってなければ傘をさしてくれるけれど、大雨が降った途端に傘を引っ込める」という話になりました。

人件費や家賃などの固定費がどのくらいの割合を占めるか、そのお金を払っていくことの大変さなど、いかに資金調達が大変かということ、

銀行は必要なときには手を貸してくれないし、貸してくれたとしても、それ以上の借りを作らなければならないということを教えてもらいました。

自身で事業を計画してはいますが、まだまだ自分は考えが甘い。そして世の中はなかなか甘くない。それでもやりたいことをやるにはお金が何よりも必要だということを学びました。

なんてことない日常

引越しを考えるようになったら断捨離すると引っ越しがラクになりますよ。断捨離で不要な物を減らしちゃうのです。使っていない物や着ていないものを処分したり誰かに譲るのです。

断捨離しないまま引っ越すと新居でやることが増えて大変ですよ。大きな物は早めに譲ってしまうとかリサイクルに出すなどしておくと引っ越し費用を節約できます。

着なくなった服はリサイクルショップに持って行くと片付きます。二束三文でも新居に持っていって役に立たないなら売ってしまった方がいい。子供のお小遣い程度でもいいんです。リサイクルショップに過剰な期待をしてはいけません。

断捨離を決意する機会があまりない私ですが引っ越しは断捨離のチャンスだと考えます。タンスの肥やしにしかならない物は潔く手放してしまうこと。使っていない電化製品も引っ越しを機に手放すとかなりスッキリしますし、引っ越し費用の節約になります。

なんてことない日常