2017年3月の記事一覧

年齢も年齢になりますと「彼女がほしい」とか口に出せないようになりますよ。若い頃は、「彼女がほしいなー」とか言えましたけれど、しかし40歳の扉が見えてきている年齢になりますと、「彼女がほしいなー」とかいうと「え?その年齢になってまで結婚もしてないの?」「しかも彼女がほしいのにできないのなら、性格に難ありなんじゃないの?」と、10割近い確率で思われますからね。
参考:https://matome.naver.jp/odai/2148970882272526601

ですから、自分からは口になんて出せませんよ。けれども、めっちゃ彼女がほしいですよ!けれど年齢が上がれば理想も高くなってきてしまって、周囲に対する見栄もあって「誰でもいいから」とは言ってられないのですよね。それこそ若い頃は「誰でもいいから彼女がほしい」ぐらいのことを言えましたけれど、今ではもうダメですね。

影で付き合うのならば誰でもいいのですけれど、周りに紹介するということを考えたら、やっぱりそこそこの容姿と年齢と学歴でないと厳しいかなーと思ってしまいます。でも誰かそばによりそってくれる彼女がほしいですね。

なんてことない日常

私が今ハマっているものは、PS初期の頃のロールプレイングゲームをする事です。

最近になって昔のゲームをむたするようになったのですが、画質は粗く、音もなんだか今のゲームと比べると正直ショボいものですが、今改めてやると当時とはまた違った気持ちでやれるものです。

当時は友だちやクラスメイトと競争するようにレベル上げをしたり、急いでストーリーを進めていたものですが1人で昔懐かしのゲームをすると、まったく焦らされる事もなく懐かしみながらゲームをできます。

改めて古いゲームをやっているとストーリーが本当に作り込まれていると感じます。

ゲームの画質は今のPS4の方が断然に綺麗ですが、ストーリーでいうと今もPS初期も全く作り手さんの熱意?というようなものは変わらないなと思います。

ロールプレイングゲームもシリーズものは、音楽が変わらなかったり、出てくる敵キャラクターが今と同じのもいたりと、「おぉっ、これは今と一緒!」となるのも楽しいです。

やり始めはちょっとショボいと感じる事も多い昔のゲームですが、やり進めていくとどんどん楽しくなります。

また、古いゲームを探してやっていきたいと思います。

なんてことない日常

年下の彼との出会いは会社でした。春になり、新入社員が入って来ます。教育係は新入社員一人に付き社員が一人つくことになっていました。中途採用で入社して三年になる私も教育係になったんです。入社式を終えて、事務所に入ってきたのは男性のみ。男性の教育係は気がひけますし、超イケメンが一人混じっていたので彼に当たらないように祈っていました。が、私は彼の教育係になってしまいました。デスクは隣合わせになります。教育係と言ってもコピー機の使い方や電話対応の指示、パソコン操作や雑務のやり方を教える程度です。イケメンの彼は、声が小さくて書類を雑に扱ってしまうので上司からデスク周りはキレイにしなさいと怒られていました。なので一緒に片付けをしたりしました。プリンターの前で固まっている彼に声をかけると違う階のプリンターに接続したらしく、他部署に謝りながら書類を受け取りに行ったりと世話の焼ける彼でした。仕事の連絡用にお互い携帯番号を知っていたのですが彼から突然の電話があり、ドライブに誘われました。社内恋愛は嫌いだったし、変な噂になるのも面倒だったので断ると

翌朝、出勤する私を彼は途中で待ち伏せしていました。そのまま、告白されて付き合うことになりました。社内恋愛嫌いの私が最初で最後の社内恋愛をした話でした。

なんてことない日常

昔広島に住んでいたころに私の父が神楽団の一員として神楽をやっていたので、それを何度か練習を見に行ったりしていて、神楽団の人たちと仲良くなって本番も見に行くようになってから神楽にはまりました。

その理由はいろいろな演目があり、昔の話を太鼓や鐘のリズムで衣装を着て舞を舞うようなものです。それが舞う人たちが化粧をしていて、神役の人は紳士的な雰囲気の化粧をして、悪者役の鬼などは唇の色から悪のようなイメージを見せるために色を黒にしたりして、見ていてかっこいいです。

戦いのシーンになると舞が早くなり、魅力的でほんとにかっこよくて、衣装の瞬間着替えもあり、お面も一瞬でつけたり外したりしていることがとてもすごくて、見ていてどうやってやっているのだろうといつ見ても疑問があって、その早業はすごいと思っています。

練習している場面でも一瞬の速さので見抜くことができないくらいです。

広島の神楽はたくさんありますが、やっぱり自分の父が入っている神楽団の神楽が一番かっこいいように見えて、今でも本番があるとビデオからDVDに焼いてもらって、家で暇なときに見ています。

時間があるときには、本番を生で見るために広島まで行くこともあるくらいはまっています。

なんてことない日常

ホワイトニングすると歯を白くできる可能性があり、歯が白くなると笑顔が綺麗に見えますし歯の清潔感を他の人にアピールする事ができます。そこで、少しでも効果的な方法で行いたいのであれば歯科医院に行ってホワイトニングしていきます。

歯科医院ですと専門的な方法で行いますから効果が高く、綺麗に歯を白くできる可能性が高いです。また、安心して治療する事ができますからリラックスして治療を受けることができます。歯科医院ではどこでも質が高いホワイトニングができる可能性が高いですが、さらにレベルが高い治療を行いたいのであれば歯科医院選びもしっかりと行います。

審美歯科治療に力を入れている歯科医院ですと、ホワイトニングにも力が入っている可能性が高く質が高い治療を受けられる可能性が高いです。審美歯科に力を入れている歯科医院を探す方法としては、歯科医院のホームページを見て行きます。そうすると、その歯科医院がどの治療に力が入っているのか把握できます。もし、審美歯科についての宣伝が多ければ歯を白くする治療も期待できますから一度来店して説明を聞いていきます。

歯科医院は全国各地に多く存在していますから、審美歯科に力を入れている歯科医院も多くあります。ですからすぐに見つけられる可能性があり、治療も早く実行できますから歯科医院で歯を白くする治療を行うのは適切な判断です。多少遠くても審美歯科治療がうまい歯科医院を見つけることができたら行って見る価値があります。

なんてことない日常

先日はよく晴れて気持ちの良い1日でした。お散歩がてら家族3人で近くのユニクロへ買い物に行きました。夫が以前から通勤用のズボンが欲しいと言っていたので、見に行こうと思ったのです。

ユニクロへ行く途中にまずローソンでホットカフェオレを買い、飲みながら歩きました。ローソンのカフェオレはまろやかで美味しいので、毎週末飲んでいます。この日はついでにおやつのチョコパイも買って食べました。

ユニクロでは、ちょうど夫が通勤に履くのに良さそうなチノパンがありました。試着して紺とベージュの2色を買いました。

私も新しいジーンズが欲しかったので、ストレッチ入りの物を試着しました。これまで持っていなかった白のパンツを試してみたところ、予想外にも夫に好評だったので購入することにしました。

そして、キッズコーナーの安売りワゴンには娘用にぴったりのショートパンツが売られていました。500円だったので2枚買ってしまいました。

そんなこんなでユニクロでトータル1万3000円近くも買い物をしました。しかし、ユニクロのズボンはシルエットがキレイで優秀なので良い買い物ができたと思います。

なんてことない日常

ヘアスタイルをそろそろ変えたいと思っています。

完全にマンネリ化していて、数年間同じヘアスタイルなんです。

肩より長いロングで、常にまとめたアップスタイルにしています。

気の利いたアレンジ方法なども思い付かないので、いつも同じようなヘアスタイルで定着してしまうんです。

ロングだと、下ろすには日々のお手入れが欠かせないですよね。

産後は髪質が悪くなってバサバサ状態なので、下ろすことも出来ません・・・

最近は前髪も邪魔に感じてしまって、ひっつめのアップで毎日過ごしています。

本当は、もっと若々しいというか、今風の髪型にしてみたいんですよね~

でも貧乏性で、美容院に何千・何万も払うくらいなら別のことに使う!というのを続けてきた結果、垢抜けないヘアスタイルのままなんです。

日々生活していると、美容院はちょっと余裕があるときの贅沢というか、一番後回しになってしまうんですよね。

結局思いきって美容院に行く勇気もなく、お家でセルフカットしてしまいました。

重~いロングからセミロングになりスッキリしたけれど、家族は誰も気づかないというオチでした。

なんてことない日常