2015年11月の記事一覧

もうすっかり大人ですが、アラフォーと言われるような年齢ですが、私はアニメが大好きです。

仕事の関係で、中学生と話をすることがあるのですが、先日は女子中学生とアニメの話で盛り上がりました。

こんなに、中学生と話の合うアラフォーもいないのではと思うくらいです。

見ているアニメが同じで、好きなキャラクターも一緒で、好きな声優さんも同じで、大盛り上がりです。

私のまわりに、アニメや声優さんに興味のある人がいないために、あまり人とアニメの話をする機会はないのですが、本当は誰かと共有したいし、もっとアニメの話で盛り上がりたいのです。

その日頃のストレスを解消するかのように、アラフォーの私と女子中学生の二人でアニメ話をこれでもかというくらいしました。

やはり、好きな話をしているときは本当に楽しいです。

以前は、自分がアニメ好きだということを、周りの人には言わないようにしていたのですが、もしかしたら今回のように趣味のあう人との出会いがあるかもしれません。こんどは、大人でアニメ好きという人と話をしてみたいです。

なんてことない日常

寒さに弱い私は、毎年この時期になると防寒対策をあれこれと考え出します。

普段、部屋で過ごす時にはファンヒーターなどを使うので全く問題はないのですが、

寝る時が一番悩みます。エアコンや電気毛布などは肌が乾燥するので以前から使用することはありませんでした。その代わり、洋服を着込んでみたり布団をたくさん掛けてみたりはしていました。この状態だと、とても体が凝った状態になるので、何か良い案はないかと今年こそはちゃんと考えることにしたのです。

お風呂に入る時に入浴剤を入れてよく温まるということや、ストレッチなどで体を温めてから寝てみたものの、朝方の寒さには耐えることができず。そこで考えたのが、昔からの「湯たんぽ」。これだと肌は乾燥しないし朝まで暖かい。寝る時には布団の中に入れておくおかげでポカポカして寝つきも良い!何で今まで考えつかなかったのだろう。昔の人のやっていたことは、現代でも通用するんだなぁと感心しました。

エコで体にも優しい湯たんぽはかなりオススメです。

なんてことない日常

離婚は法律に基づいて行われる事が特徴で、夫婦の双方が性格の不一致などの原因で勝手に離婚できない規定になっています。民法に従ってきちんとした手続きを踏んで、お互いが納得する形として相談しながら進めていく事が大切です。

基本的な流れとして、性格の不一致などが生じて夫婦の双方が入っている籍を離れる事を希望する場合、相談をしながら離婚に向けた活動をします。夫婦の父母などの第三者などが入って、協議をしながら進める意識を持ちます。メリットとして、双方が納得した形で合意をすれば成立できる事です。相談をしている間でも夫婦が和解をして、仲直りを行って今後も一緒に住み続ける事も可能です。出来るだけお互いに非を認め合って、出来るだけ籍を離れないような方向性で話し合う事も良いです。

離婚が決定する流れに行けば、子供がいる場合に親権者を決めます。基本的に子供の親権は両者の協議で決められますが、仮に主婦の方に親権が移った場合に元の旦那が養育費を出すなどの話し合いをしておくと良いです。物心が分かる子供がいた場合、子供には非が無い事を考慮してしっかりと謝罪をして、別居した後のこれからの生活の方向性を決める事が大事です。

話し合いが進んで親権者が決まった場合、離婚届という書類の届け出を行います。基本的に届け出は最寄りの市役所などに受理してもらう事になりますが、親権者の項目に名前を書いておく事が受理の条件になります。

双方の相談によって納得が出来ない場合、家庭裁判所を通じて話し合いながら離婚の流れに持っていく方法があります。家庭裁判所による調停の方法は、夫婦の話し合いで慰謝料の関連の問題が発生した時に有効的です。民法などに詳しい委員が法律に基づいて慰謝料の請求などの調停を行うので、夫に不法の行為が行った時に法律に基づいて慰謝料を請求できる事がメリットです。

家庭裁判所を通じた調停の方法による離婚は、委員が立ち入って話し合いながら進められますので、不倫などの問題点などに関して冷静になって対処できる事がメリットです。夫婦の双方の話し合いでは理不尽な部分が出る事がありますが、法律に詳しい委員は法律に基づいて不倫などの調停を下したり、法的な手段を用いて慰謝料などを請求出来る事で双方からの信頼性が増すからです。

離婚についての相談は法律事務所などが行なっている離婚相談センター(http://rikon-bengosi.tokyo/)などがあります。あまり自分だけで悩まずに法律的な部分もあるので、しっかりと事前に相談されることをおすすめします。

なんてことない日常

今日から、バーゲンが始まっています。

洋服が欲しいなと思って出かけたいなと思います。

ですが、洋服が欲しいと思っても、改めて自分が持っている服を思いだして、まだ着ていない服が有ったり、それほど、今以上の服が無くても、困る事はないだろうとも思ってしまいます。

買い物に行くと、新しものがどうしても欲しくなるので、あまり出かけてしまうと、無駄なお金を使ってしまうことになります。

ですが、欲しい服を我慢していると、それがストレスになります。

会社のストレスを発散させるためには、買い物をするのが一番のストレス発散になるので、無駄遣いしない程度に、洋服を買いたいかなと思います。

今は、寒さ対策の服が欲しいので、タートルネックで気に入った服が見つかればいいなと思います。

人が混み合わないうちに、お昼までには家を出て買い物に行きたいです。

なんてことない日常

先日、私は第三子を出産しました。私は、早く赤ちゃんの保険証を作りたかったので、旦那の会社に書類を下さいと頼みました。書類は、3日後に届き記入後、旦那に渡しておきました。旦那が、帰ってきてから書類を出してくれたのか聞いてみると出してくれたそうです。いつも、忘れてばっかりなのに珍しいです。

保険証は、2、3週間で届くと思っていたんですがなかなか届きませんでした。その間に、赤ちゃんにたくさんのブツブツが出来て病院を受診しなくてはいけませんでした。結果は、乳児特有のニキビだそうです。薬も、もらいました。しかし、会計の時に保険証がないので、10割負担でした。保険証が出来たら、また来てくださいと言われました。

3週間経っても保険証はきませんでした。結局、1ヶ月後にきましたよ。病院に行って、お金を返してもらいました。やっと保険証ができてよかったです。

なんてことない日常

子供が習い事で使っていた楽器が、習い事をやめてから部屋の隅に放置されている。ギターが趣味だったが、マンションに引っ越してから、近所迷惑を考え弾く機会がない。

こんな状況に思い当たるフシがある方は、案外少なくないのではないでしょうか。そのあなたやあなたの家族が使わなくなった楽器、実に勿体無いですね。楽器の類は、決して安い買い物ではないですし、道具でもありますから、使わなければ使わない程、劣化も進んでしまいます。

まさに宝の持ち腐れです。しかし、そうは言ってもどうしたら良いかわからなかったり、オークションサイトに自分で出品するのも面倒だ、なんて思っている方もまたいるでしょう。そんなあなたこそ、まずは楽器買取業者に依頼して、買い取ってもらいましょう。

専門の業者ですから、適切な価格で買い取ってもらえますし、売る際のメンテナンスなども自分でする必要はありません。たいていどんな楽器でも需要があります。例えばホルン買取なんかを行なっているところもあります。

勿論、お金に変えられることも重要ですが、あなたの楽器を使いたい人に使ってもらえるという、理想的なリサイクル活動にもなるのです。使わなくなった楽器があるなら、是非楽器買取に出してみることをオススメします。

なんてことない日常

私は12歳の時に、親が離婚してしまいました。

私の親は、仲がいいところを見たことがありませんでしたし、いつも口論している有様でした。

結局、母親が家を出てしまい実家に戻っていったのでした。

そのあとは、父と兄と3人で暮らしてきましたが、私は結婚して家をでてから父親が10年前に

他界してしまってから、兄が1人で団地に住むようになりました。

最近兄と連絡をとっていなかったので、家に電話をしたのですが全く電話に出ないことが続いていました。

それに、携帯電話もメッセージが流れるだけで、兄と会話ができずにいました。

兄は独身で1人暮らしですので、何かあったのではないかと焦ってしまったのでした。

今日は、兄の住む団地にいってみたのですが、兄は元気なので安心しました。

携帯電話は、すぐに出れるようにしてほしいと伝えました。

なんてことない日常

いつもと変わらない毎日が続いていますが、我が家の愛犬ミニチュアダックスちゃんは今日は落ち着きがありません。サークルの中を行ったり来たり。時には悲しい声でヒンヒン泣いて私を呼んでいます。いつものお気に入りのカエルのぬいぐるみで愛犬と遊ぶ私は、客観的に見たらどうなんでしょう。

もしかしたら寂しい女なのかもしれません。30歳も過ぎた女が愛犬と1日中遊んでるなんて、正直寂しいですよね。本当は彼氏も欲しいですし、もちろん結婚願望だってあります。特に私の理想が高いわけじゃないんですけどね。

えり好みもしてないですし、婚活パーティーにだって何回も行っています。けど結果が出ないんですよね。だからペットに走るのかもしれません。愛犬は素直ですし裏切りませんから。そんなこんなでもう夕方です。ダックスちゃんに晩御飯をあげる時間になりました。今日も平凡な1日でしたが、愛犬と一緒にこんな平穏な毎日を送れることが本当は1番幸せなんですよね。

なんてことない日常

私は、念願のブライスドールを4カ月前に、ネットで購入して毎日のようにかわいがってきました。

ブライスドールの服や靴も、オークションやフリーマーケットのようなサイトで、安く買ってきました。

50歳になって、ブライスドールに癒されるとは思ってもいませんでした。

息子が2か月入院したときは、ブライスドールの存在が大きかったです。

かなり癒されてしまって、ブライスドールの髪の毛を触ることが多くなっていました。

気が付けば、ウェーブヘアが絡まってしまっていましたので、自分でボブスタイルにカットしてしまったんです。

ネットでウィッグを見つけて買って装着させたのですが、色がサイトのイメージと違っていましたので

返品しました。

でも、サイトで見たときは、もっているブライスドールの髪の毛と同じような色だと思って、買ったのでした。

なんてことない日常