タクシーの運転手になった喜び

働くことの楽しさは、実際にお客さんを乗せてから、「ありがとう」の言葉をもらった時かもしれません。
タクシー運転手に転職する前は、電気メーカーで営業をしていたのですが、毎月のノルマに追われて、ゆっくりと自分の残された第2の人生を考えることがありませんでした。
しかし、60歳前になり長年勤めてきた会社に残るべく定年延長で再雇用を希望したところ、とても条件が厳しいことや、年収が数分の1になることから、大きなショックだったのです。
「今まで会社のために願張ってきたのに。」
そんな悔しさから、全く異なる業種に転職しようと思い選んだのが、タクシーの運転手です。
実際にタクシー会社に面接を受けに行き、驚いたことはとてもフレンドリーな雰囲気で資格の取得まで支援してくれるのです。
手取り足取り教えてもらえて、今ではそれなりにタクシードライバーとしての仕事で充実した毎日です。