太陽光発電の家をよく見かけるようになった

最近、住宅街でウォーキングをしていると、太陽光発電の家をよく見かけるようになりました。確かに、夏の太陽のエネルギーはすごいので、このエネルギーを利用すれば電気がたくさん作れそうです。太陽光発電だと、化石燃料を使わないため、有害な物質が出ないのがメリットです。火力発電所みたいに、二酸化炭素、窒素や地球温暖化ガスを出すこともないのです。地球環境のことを考えると、太陽光発電に魅力を感じる人が増えてもおかしくありません。
実のところ、我が家も太陽光発電にしようかなあと考え中です。この間、お友達の家に行って、太陽光発電の仕組みを見せてもらいました。電気を自然のエネルギーである太陽から作れることに、子どもたちも興味津々のようです。これからの時代は、ますます太陽光発電が人気を集めるのかもしれないなあと思います。時代を先取りして、太陽光発電の家にしてみるのもよさそうです。