帰省のついでに、久々に実家近くの美容室に行ってきました。

そこでは若い頃、金髪やドリフパーマ、赤毛のおかっぱ、ツーブロックや、ソフトモヒカン、ついには坊主刈り等々…いろんな髪型を楽しませてもらったものです。そんな記憶が強く残っているのか、美容師さんからすると未だに私は奇抜なヘアスタイルのイメージが強かったのかもしれません。

今回は「若干アシンメトリー」と伝えたつもりだったのですが、仕上がりは右頭部の半分以上は刈上げの「超アシンメトリー」。あらまぁ…私はもう40代なので、イイ歳して何を張り切ってしまっているのよ?と、自分自身で少し恥ずかしくも感じますが、実はそれを除けば結構気に入っているんです。

明朝の出勤時だけ、周囲にいろいろと言われそうな気がしてちょっと面倒クサいですけれど、まぁそれも最初のうちだけでしょうし、まぁ良しとすることにしました。

ただこの髪型だと、これまでのような気休め程度のお化粧ではなく、もう少しお化粧も服装もきちんとした方がいいのかもしれないと思いました。もしかしたら、久しぶりに会った私が老け込んでいたせいで、美容師さんが「もっとお洒落しなさい」と、この髪型にしてくれたのかもしれない?うん!そう思うことにしましょう。