どうしても許せないこと、それは配偶者の不倫ではないでしょうか。裏切られたという思いは消えることはなく、一緒にいることさえ吐き気がするような思いになるかもしれません。当然離婚を本格的に考えるようになるでしょう。ですがその前に、配偶者の相手に慰謝料を請求したいという気持ちになるかもしれません。この屈辱と裏切りを晴らすためにもそのくらいのことはしたいという思いになるのです。

ではその配偶者の不倫相手にどのようにして慰謝料を請求できるのでしょうか。あるいは金額としてはどのくらいが妥当なのでしょうか。そのために準備するべきものはあるのでしょうか。こうした問題はなにかと法律的なことが関係してきますし、こじれる可能性が高いために弁護士と相談して進めることができるかもしれません。離婚でお悩みに方に無料で離婚慰謝料の診断ができるサイトがお勧めです。基本的にはその話し合い中で不倫の証拠、肉体関係を持っていることや、相手が既婚者であるという証拠を握っていることなどが求められてくることを知ることになるでしょう。それでその証拠集めとしてメールや写真といったものが必要になってくるわけですが、場合によっては探偵を雇うなどのさらなる行動が必要になるかもしれません。

慰謝料をどのくらい請求できるかに関してはこれも状況によって変わってきて、相手の年齢や交際期間、その他資産の有無などによって変わってきますので、これは相談になりますが、相場というものがあり、だいたいは100万円から500万円くらいといわれています。平均すると200万円前後に落ち着くようです。慰謝料の請求は基本的には書面でのやりとりをすること、そしてそれを伝える方法としては内容証明郵便を利用することができるかもしれません。

不倫慰謝料請求をするためにはどうしても証拠が必要になり、その証拠が十分ではないと慰謝料を受け取ることができないために、その点をどのようにするかということは真剣に話し合うことが必要になります。不倫そして離婚というのは最悪の事態であり、不倫された潔白なほうはたまったものではありません。許すことができない行為であり、このような形での屈辱を慰謝料請求という形ですることで、なんとか自分を納得させることができるかもしれません。