最近自宅のアコーディオン式に開閉する駐車場の扉が固定できなくなり、風が吹くと外に膨らんだり真ん中から道路側に倒れたりするようになってきました。とりあえず庭にあったレンガを道路側に置いて外にでないようにしましたが、利用するたびに置いたり外したりしなくてはならないので面倒でした。

専門の業者さんに頼めば修理できますが、お金がかかるのと買い替えを勧められそうな気がしていたので自分で修理することにしました。

よく見てみると下のコンクリートに小さい支柱を差し込んで扉を固定する構造になっていましたが、支柱が曲がっていたのと、固定している部分が変形していたのと、コンクリートの穴が泥や小石で詰まっているのが原因でした。

支柱はペンチで曲がった部分は修正できましたが、固定している部分の変形は直せなかったので違う場所にパイプ形状のものを取り付けて針金でぐるぐる巻きにして固定しました。

コンクリートの穴は先のとがったキリで小石を書き出して元にもどしたところ、新品状態とは行きませんでしたが機能は回復できたので元のように使用できるようになったのはうれしかったです。