最近はアベノミクスの影響で株価が高い位置にあります。それにともない株式投資をすれば誰でも儲けることができると思い、多くの人たちが株式市場に参入しているようです。

しかし、このような相場が好調な時でも株式投資をしてもあまり儲からない人たちがいます。

そのような人たちは、ほとんどリスクのない株主優待を信用取引の一般信用の売りと現物株を同じ株数購入して、株主権利落ち日をまたぐ取引に魅力を感じ、信用売りを使い株主優待を得る取引に魅了されているようです。

ただし、一般信用の売りができる証券会社は限られている上に、その証券会社の株式売買手数料の値段が高い傾向にあるので、この方法ではそれほどお得な株式取引の方法だとは私は思いません。

なぜらば、最近の制度信用を使った空売りを使ったとしても、一時期に比べるとが多額の逆日歩がつくことが少なくなっているからです。